Destroy Monday

〜出口のないトンネルなんてない〜

鬱田シノの人生〜第1章〜『事故紹介』

はじめブログ、はてなました。

雑記ブログ作ったった!特化型ばかりやっていて需要層を考えると文字遊びが出来ないくらいには指が紳士になっていたので、このブログではハメを外すだろうねハム太郎?そうなのだ!文字は書いていて楽しいのが本質なのだ!

今回、初投稿するのは僕のこれまでの人生を先っちょだけ掻い摘んだものです。初めて読む人にとっては心底どうでもいい内容かもしれない。が、そんな初見さんでも読んでいて楽しいと思われるように、少しでも僕の事を知ってもらえるように一指入魂で書き綴っていく。

※ハチャメチャに文章量が多くなってしまったので、Part毎に分割しました。

ブログを読むときは部屋を明るくして画面から離れてみてね。

スポンサーリンク
 

f:id:harahetty:20180621010002p:plain

 

自己紹介という事故

とりあえず初めましてって事で、簡単に事故らないように紹介させていただきます。
どうも~鬱田シノと思います。否、申します。
趣味は生きることです(事故)

 

名前の由来

いつ〇んでも良いと思っている設定人生何が起こるか、自分がいつ、どうなるかなんて分からない。常にリスクが付き纏う脆弱な世界に粘着はしたくない(中二病)

裏を返せば自分がいつ、成長・成功できるかも分からない世の中です。

誰しもがリミッターを抱えている世界なので、限られた時間の中で楽しく過ごしていけたらいいですよね。ここら辺については長くなるのでまた別の機会に記述します。

 

鬱田シノという人物

個性 「メンタル・イミテーション」
他者と比較して生きてきたからか、人の気持ちがわかり易い(客観視ができる)。寧ろメンタリストなんじゃないかって錯覚してるから調子乗ってる時はウィッシュとかやっちゃう。ダイゴ違いなんですけどね。こう、ノリツッコミが醍醐味みたいなところある。(やかましい)

 

当ブログの方針

情報価値がある様な事は殆ど書くつもりがないです。時事ネタだとか知識だとか、他の誰かがやっている事は他の誰かに任せます。溢れかえっています。僕は僕にしか書けない事をこのブログでアウトプットしていきます。例えソレに情報価値は無くても、ただ人に読んでもらう事によって生まれる“共感性”が好きなんです。あとは自己顕示欲の発散みたいなところです。タイムイズマネーは心得ているので、僕の記事を読んで時間の無駄だったなんて気分にはさせないつもりです。時にはクスッとさせ、時にはほっこりとさせられるような、機械的ではなく、人間味を感じられるコンテンツを目指して書き連ねていく。

 

2章へ続く

utsudashinou.hatenablog.com